2022 0709 2146

 

 久しぶりに酔っ払ってアラームの設定画面を開いたまま寝落ちして、30分ほど寝坊した。「わーわー遅刻だー遅刻だー」って他人が聞いたらこいつほんとに焦ってんのかってつい疑っちゃうくらいの棒読みでぶつぶつ呟きながら原付を走らせた。こりゃ絶対に間に合わんなあと思って、駐車場まで行くのは諦めて(徒歩7分程の距離があるのでね)バイト先の目の前に停めた。7時57分到着!階段を全力で駆け上がり7時59分に打刻!・・・仕事中にふと原付の方へ目をやった。ハンドル付近で鮮やかに揺れる黄色い紙を見た。およそ2日分のお給料サヨウナラ!自分のマヌケ具合に嫌気が差して呆然と立ち尽くしていたら、通りすがりのおじさんに「残念だったねえ🙍‍♂️」って慰められた。「ここらへん最近厳しいからね、僕もXXの前に停めたら駐禁切られたさー、だからもう停めないね、那覇には停めない。残念だったねえ」


 それから今日はいろいろと気力を奪われる出来事が起こった。悪いことは一気に起こる。小出しにされるよりかはずっとマシだけど、いかんせん睡眠不足の頭じゃすべてを捌き切れんかった。あいにく「寝たらすべて忘れる」とかそんな都合の良い脳みそを持ち合わせていないのできっと明日は起き抜けから眠りにつくまで頭んなかが大運動会🏃‍♀️「アプリアカウント」が「アフリカアカリ」に見えてしまったから今日はQABの『沖縄なう』なんか見てないで早めに眠る。


 「毎日歩くよ、毎日。変わるからねぇ沖縄も。だからね、この目で見ておかないといけないねぇ…」と言っていた元・長期滞在のおじいちゃんが戻ってきた。今日は前述の通りいろいろとあったから時間がなく、ひとことふたことしか言葉を交わせなかったけど、そのちょっとの間に見せた表情からでも十分伝わってくる「居心地の悪さ」。それでようやく疑惑が確信に変わったけど、やっぱりこの数ヶ月の間に何かがすっかり変わっちゃってる。それは単にここの建物の中だけの問題なのか、それとも社会全体が変わっちゃったからのかは分からん!けど、とりあえずみんな余裕がなくてピリピリしてる。ピリピリピリピリ、あーピリピリ、そんな余裕のないあなたにはピリピリをあげましょうね〜。ピリピリとはアフリカの唐辛子のことです。ピリピリの語源はスワヒリ語(主に東アフリカで使用される言語)らしいけど、東アフリカよりも西アフリカを旅してたときのほうがよくピリピリを目にしたし食したし、聞いた(食堂で「ピリピリは?いる?」って)気がする。

 


https://article.dososhin.com/piripiri/

 


 アルコール依存症の方が階段で倒れていた。前にも同様のことがあって救急車を呼んだら、「これくらいで呼ばないでください、布団で寝かせるだけで大抵は大丈夫なので」と怒られてしまったから、とりあえず水を買って、「XXさん、お水ここに置いときますからね」と伝えると、ぼーっと虚ろな目でこちらを見ていた。

 

 0時過ぎ、道路脇でぐったりとしている猫を見かけてついその人に重ねてしまい、その後立ち寄ったスーパーでうっかり水を買いそうになったけど、「あれは野良猫だあれは野良猫だ、きっと大丈夫なはず!」と何度も言い聞かせて、水を買わずにスーパーを出た。・・・帰り道、気怠そうに「伸び〜🐈」をしている猫を見た。よかった


 そのまま海の方まで散歩しようとしたけど、月が雲に隠れていたからか辺り一面がまるで深海のように真っ暗で、さすがに自然の恐怖を感じたから引き返した。

 

 

2022 0706 2343

 

 梅雨が明けて太陽が顔を出すようになって湿度も少し下がって、夕方になっても髪の毛がくるくるしたまんまで居てくれて嬉しい。けれども喜びof梅雨明けも束の間、あれよあれよと言う間に夏の日差しが体力を奪っていって、もう既に夏バテ状態。今日は掃除のついでに部屋の模様替えをしたらもう何にもしたくなくなった。でも夜にしっかり食べておかないと次の日の朝うんち出なくて一日中うんちのことばっかり考えちゃって、もう二度と戻ることの出来ない一日、死に際に喉から手が出るほど欲するであろう「あと一日」と同じ一日をうんちのせいで棒に振ってしまうことなど分かり切っているから最後の気力を振り絞って夕飯を作り、虹のかなたの続きを観ながらほとんど義務的に食べた。食べ終わる頃には二話分消化していたから一時間近く掛けて食べたことになる。最近はなんでか知らんけど夜限定で食が細い、多分お菓子の食べ過ぎ・・・夕寝したわけじゃないけど寝惚け眼でパソコンいじってたらこの映像と再会した。

 

 

 たった5分の動画でも途中でスマホを手に取ってしまうほど集中力のない私でも最後まで見れてしまう美しい映像と音楽。今追い求めているものが本当に人生で必要なものなのか、それが本当に、純粋に自分が追い求めているものなのかを問わずには居られなくなる映像と音楽。自分が信じない道にうっかり進んでしまわないように(最近はよく気が緩んで片足を突っ込みそうになる)これからも定期的に見よう、 それはもともと難しいことだけど、相互監視によって維持される社会の内側で生きていると余計に、完全に他人の存在・視線を排除した夢や目標を持つことの難しさについて考える。SNSをやっていないから誰が今どこでどんな生活を送っている・・・とかは皆目見当もつかないし、それはあちらからしてみても同じで、私が沖縄に居るってことを知っている人の方が珍しいはず。それなのにどういうわけか他人の目からは逃れられず、いつも何処かで監視され、常にジャッジされている感覚がついてまわる。自分の書いた文章にはいつも誰かの匂いを感じるし、自分が思い描く夢の中にはいつも誰かの顔がチラつく。

 

 コメント欄を漁っていたら素敵な言葉が

f:id:africakari:20220724120021j:image

 そして、↑に対するコメントでハッとさせられた

f:id:africakari:20220724120051j:image

 

 

2022 0318 2251

 バスに揺られながら上の空で考え事をしていたらいつの間にか2つ手前のバス停に来ていた。帰りにスーパー寄ってバナナとヨーグルト買ってこ〜とかぼんやり考えながらイヤホンを外したとき、バス停にいた60代くらいの女性が少々真剣な面持ちで「このバス南風原行くね?」と運転手に尋ねた。運転手は「行かないよ」とぶっきらぼうに答えると荒々しく扉を閉めて発車した。女性は、胸の前で手と手を心細く合わせつつ、マスク越しでも伝わってくるほど不安でいっぱいの表情を浮かべながら後ずさりした。「この時間(20時)に南風原まで何しに行くんやろ、家に帰る感じでもなかったし今にも泣き出しそうな顔してるし、病院かな、なんやろ、なんやろ」なんてグルグルと考えてしまって居ても立っても居られなくなり、コロナ対策として開けてあった小窓に顔を近付け、女性に向かって「南風原30番です!30番!」と叫んだ。びっくりしてこちらを二度見した後、目元の筋肉をゆるめて頷きながら右手をちょこんと挙げた。そんなことなどお構い無しに運転手は1速〜、2速〜、はい、3速!とテンポ良くギアを上げてゆくもんだから彼女はすぐに視界から消えた。

 

2022 0313 0016

 なんじゃこの親子。Heaven(3分17秒〜)からラストまでが格好良すぎて痺れる。こうして息子とステージに立てる幸せを噛み締めながらも、どこか儚く寂しげな雰囲気を身に纏っていて、決してこちらを見捨てることなく常に孤独に寄り添ってくれるChara、たまらん!この映像だけでしばらく生きていける。

 6分11秒のピアノ、そして6分23秒の竹本さんがHIMI君に送るアイコンタクトと手の動き、とっても良き。アドレナリンドバドバ出る、ドバドバ

 

 LIVEタイトルを見て、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」が積ん読本と化していることを思い出した。今はディストピア小説なんて読んだら底の方まで堕ちてしまうだろうから読んじゃいけない気がする。半年後くらいに読めるかな?

f:id:africakari:20220724145342j:image

 

***

 

 彼氏がいようがいまいが常に孤独を渇望しているし、幸せを実感すればするほど怖くなる。Chara『ミルク』の歌詞「だまって だまって 途中でほうりなげて こわす」まさにその通り。そんな勇気なんてないから目の前にある幸せを壊さずに済むようにひとりで勝手に孤独な時間をつくってなんとかバランスを保っている、そんな日々の繰り返し

 

2022 0212 2150

 THE TIME, 朝のお天気中継にて


 「東京の只今の気温は6℃で、マフラーや手袋がなくてもあたたかい朝となっております!」


 正気か?連日の厳しい寒波でおかしくなったんとちゃうか?こちら15℃でヒートテック着てダウンジャケット羽織ってブルブル震えているというのに・・・これはこれでおかしいか、もうみんなおかしい

 

 DJI Pocket 2を買った。