2018 0913 0335

 久しぶりにすんなりと眠れたのに、外から聞こえてきたフィリピンパブのお姉さんの泣き声…というより嗚咽混じりの叫び声で目が覚めた。<<人間ってそんなに泣けるんだ>> って思わず感心してしまうくらいの泣きっぷりだった。一向に収まりそうにないから外に様子を見に行ったら、さっきまで優しく冷静にお姉さんをなだめていた人たちも「こりゃ無駄だわ」と諦めたようで、少々投げやりな感じでお姉さんを送迎車に押し込んでた。お姉さんは激しく取り乱していた。ちょっと尋常じゃない暴れようだったから道路側の部屋に泊まってるお客さんも何かの事件と勘違いして起きちゃったみたいで、黙って一緒に眺めてた。

 

 出発しかけた送迎車に向かって、ついさっきまでタガログ語で話していた人たちが慌てて「ちょっと待って!」と日本語で叫んでいた場面が何故か脳裏に焼き付いて離れん。

 

***

 

 22時頃のデニーズで、フィリピン人と思われる女性が小学校低学年くらいの子どもにiPadを渡して「今日は2時くらいに終わるね、それまで待っててね」と言いドリンクバーだけ注文してそのまま出勤、子どもは何も言わずに、あーはいはい、いつものね、といった感じで怠そうに頷くとすぐにiPadでゲームを始める…という光景をたまに見かける。超おとなしいし、あんまドリンクバー行かないんよね、

 

***

 

ゲオで、映画『女衒zegen』を借りてきて、観た。→明治期から大東亜戦争期までの時代を【女衒】として生きた男の実話。栄4丁目で働くフィリピンパブのお姉さんたちと重なる。「日本へ行って芸能人になろう」「知り合いの工場で働こう」「金持ちになろう」と斡旋業者に言葉巧みに騙されいつの間にかヤ◯ザに囲われ後戻りできない彼女たち。もちろん全員が全員そういう事情を抱えているわけではないけれども(全く関係ないけどこの映画で初めて倍賞美津子を知った!倍賞千恵子の妹。姉妹揃って美しい・・・)