2021 0527 0533

 

 眠れない夜につらつらと考えていたこと

 

 後期から一年間休学しようかな というようなことをここ最近ずっと考えている

 

 学問を究めたところで人は救えない、自分すら救えないのだから、ということをうっすらと理解し始めた頃から自分がいま何をやっているのか分からなくなってきた 現場に出て何かを感じて頭で考えて文字に起こすことが偉いことだとは最初から思っていなかったけれど、少なからず価値のある行為だと思っていた でも、政治性の強いその行為にどんな価値があるのか、学んでいくうちに分からなくなってきた 論文を読んだり教授のお話を聞いたりして目の前が明るくなることもあるけど、時間が経てば「それで…?私がやる意味、あるんか?」ともやもやしてしまう 私が思い描いていたあたたかみのある世界ではないのかもしれない バイトでもなんでもいいから何処かで腰を据えて働いたほうがよっぽど自分の目指す姿に近付けるような気さえする

 

 もっと人に寄り添えるようなことがしたいのだけど、それなら田舎に帰るなりほかに居場所を見つけるなりして、なにか自分で細々とやっていくほうがいいのかもしれない 「しんどくて仕方ないけど、ここに来ると不思議ともうちょい生きてみてもいいかも、と思えるんだよねぇ」と感じてもらえるような場所をつくりたい、という思いは、根無草な生活を送る中でも何ら変わることなくふわふわと頭の中に在り続けている 今やっていることが一区切りついてからそっちに進もうと考えていたけど、その「今やっていること」が迷走し始めていて精神的に不安定なのです だから一旦距離をおいてみようかな、と

 

 自分の政治的スタンスを明らかにしながら何かを論じる行為に潜む暴力性、これは大学に入らなければ分からなかったことだな とは思う だから大学に入ったことは全く後悔していない しかし今は一旦距離を置くことが必要だと思う 「私がこれをやることによって傷付く人がいるのではないか」とか「その土地に縁もゆかりもない人間が勝手にズカズカと入り込んで根掘り葉掘り聞いていいものなのか」とか、そんな余計なことにまで考えを巡らせる日々が続いて、疲弊している

 

 そんなところです 相も変わらず浮遊しまくりなのでそろそろどこかに着地してみたい(あんた一生無理よ)