2022 0709 2146

 

 久しぶりに酔っ払ってアラームの設定画面を開いたまま寝落ちして、30分ほど寝坊した。「わーわー遅刻だー遅刻だー」って他人が聞いたらこいつほんとに焦ってんのかってつい疑っちゃうくらいの棒読みでぶつぶつ呟きながら原付を走らせた。こりゃ絶対に間に合わんなあと思って、駐車場まで行くのは諦めて(徒歩7分程の距離があるのでね)バイト先の目の前に停めた。7時57分到着!階段を全力で駆け上がり7時59分に打刻!・・・仕事中にふと原付の方へ目をやった。ハンドル付近で鮮やかに揺れる黄色い紙を見た。およそ2日分のお給料サヨウナラ!自分のマヌケ具合に嫌気が差して呆然と立ち尽くしていたら、通りすがりのおじさんに「残念だったねえ🙍‍♂️」って慰められた。「ここらへん最近厳しいからね、僕もXXの前に停めたら駐禁切られたさー、だからもう停めないね、那覇には停めない。残念だったねえ」


 それから今日はいろいろと気力を奪われる出来事が起こった。悪いことは一気に起こる。小出しにされるよりかはずっとマシだけど、いかんせん睡眠不足の頭じゃすべてを捌き切れんかった。あいにく「寝たらすべて忘れる」とかそんな都合の良い脳みそを持ち合わせていないのできっと明日は起き抜けから眠りにつくまで頭んなかが大運動会🏃‍♀️「アプリアカウント」が「アフリカアカリ」に見えてしまったから今日はQABの『沖縄なう』なんか見てないで早めに眠る。


 「毎日歩くよ、毎日。変わるからねぇ沖縄も。だからね、この目で見ておかないといけないねぇ…」と言っていた元・長期滞在のおじいちゃんが戻ってきた。今日は前述の通りいろいろとあったから時間がなく、ひとことふたことしか言葉を交わせなかったけど、そのちょっとの間に見せた表情からでも十分伝わってくる「居心地の悪さ」。それでようやく疑惑が確信に変わったけど、やっぱりこの数ヶ月の間に何かがすっかり変わっちゃってる。それは単にここの建物の中だけの問題なのか、それとも社会全体が変わっちゃったからのかは分からん!けど、とりあえずみんな余裕がなくてピリピリしてる。ピリピリピリピリ、あーピリピリ、そんな余裕のないあなたにはピリピリをあげましょうね〜。ピリピリとはアフリカの唐辛子のことです。ピリピリの語源はスワヒリ語(主に東アフリカで使用される言語)らしいけど、東アフリカよりも西アフリカを旅してたときのほうがよくピリピリを目にしたし食したし、聞いた(食堂で「ピリピリは?いる?」って)気がする。

 


https://article.dososhin.com/piripiri/

 


 アルコール依存症の方が階段で倒れていた。前にも同様のことがあって救急車を呼んだら、「これくらいで呼ばないでください、布団で寝かせるだけで大抵は大丈夫なので」と怒られてしまったから、とりあえず水を買って、「XXさん、お水ここに置いときますからね」と伝えると、ぼーっと虚ろな目でこちらを見ていた。

 

 0時過ぎ、道路脇でぐったりとしている猫を見かけてついその人に重ねてしまい、その後立ち寄ったスーパーでうっかり水を買いそうになったけど、「あれは野良猫だあれは野良猫だ、きっと大丈夫なはず!」と何度も言い聞かせて、水を買わずにスーパーを出た。・・・帰り道、気怠そうに「伸び〜🐈」をしている猫を見た。よかった


 そのまま海の方まで散歩しようとしたけど、月が雲に隠れていたからか辺り一面がまるで深海のように真っ暗で、さすがに自然の恐怖を感じたから引き返した。