2019 0312 0655

田舎の真夜中

窓を開ければ虫の音、閉めれば無音。音のない世界。最近、布団に入ってもなかなか寝付けない。眠くならないわけではない、ちゃんと眠い、けど眠れない。暗闇の中で目を閉じると「お前には何もない」という声が聞こえてきて私を不安にさせる。そうかぁ私には何もないんか、確かにこの数年間は単に規模のデカい逃避行を繰り返していただけだったもんなあ…それにしても何もない状態がこんなにも怖いものだとは知らんかった。あの勉強量とメンタルじゃ無理だと分かってはいたけど、なんだろ〜か、落ちたことよりも、これからまた一年受験勉強をするんか、と考えるとどうしようもなく怖くなってくる。20代前半最後の年を無駄にしてしまうんじゃないか、とかくだらんことを考えてしまう。どれもこれも誰に相談するわけでもなくすべて自分で選んだ道だから誰のせいにもできないししてはいけない。だから今日もひとりで不安な夜を乗り越える。「あいつのせいで、」とか思えたらどんだけ楽やろか。目を瞑るとどんどん鼓動が早まっていくのが分かる。「人ってこういう風に、<よし今から死のう>、とか意気込んで死ぬんじゃなくて、なんかこう知らん間に、特に意志もなくふらっと、自分でもよく分からんうちに死んでるんかな」とか考え出してしまって、もしかしたら自分はいま限りなく死に近い場所にいるんじゃないかって感覚に襲われて怖くなる。恐怖で身体が硬直する前にとりあえず部屋の明かりをつける。パソコンを開いて適当に動画を見る。カーテンの向こう側が白んでくる。新しい朝が来た、今日も夜を乗り越えた。一階からテレビの音や電子レンジの音、食器を洗う音…朝の生活音が聞こえてくる。なんでか知らんけど涙が溢れてくる。ストレスで喉が締まって、ほとんど息のような声で「ごめんなさい」を連呼しながら布団にくるまって泣く。泣き疲れていつの間にか眠りに着く。昼過ぎに目が覚めて、寝ぼけ眼で参考書を開く。どうなるか分からんけどもう一年頑張る。

 

***

 

不安で眠れない夜はこの曲を聴きながら目を閉じてみて